債務整理の費用はいくら.com

MENU

債務整理の費用はいくら.com

借金苦で対策を取るときには、いくつか債務整理の方法があります。代表的な債務整理の手続きとしては、自己破産、個人再生、任意整理などが挙げられますが、いずれも手続きにかかる時間や得られるメリット、デメリット、費用の相場などはまちまちになっています。債務整理をするときには、専門家のところに出向いてこれらの手続きの内どれをとればよいかをアドバイスしてもらった上で、費用の相場なども確認してから手続きを進めるのが得策といえます。
それぞれの費用の相場を見てみると、自己破産は借金をほぼ全て免除してもらえる手続きで、申立ての実費として2万円程度かかります。専門家に書類作成を依頼するときには、20~30万円程度の書類作成料、破産管財人がついたときにはこれに加えて数十万~100万円超の予納金が必要になります。個人再生はローンのある住宅にそのまま住み続け、ローンはそのまま支払い、それ以外の借金は一部免除されます。申立て実費として2~3万円程度、書類作成料として30~50万円程度、再生委員がついたときには数十万円超の予納金が必要です。任意整理は業者に直接交渉して、残債務を分割で支払うというものです。減額にはなりませんが、利息の引きなおしで過払いや減額になることはあります。一社あたり2~5万円程度で専門家が交渉し、和解をしてくれます。和解後は利息がまったくかからなくなるところも多いため、これまでの返済よりは楽になります。

更新履歴