知っておきたい債務整理のデメリット

知っておきたい債務整理のデメリット

MENU

知っておきたい債務整理のデメリット

金融機関から融資を受けた際には、もちろん必ず返済しなければなりません。当たり前のことではあるのですが、近年ではそれができずに債務整理の相談に弁護士事務所を訪れる方が増えているようです。携帯電話などの普及によってよりお金を借りやすい環境が整っているということも原因の一つではあるでしょうけれども、借りすぎてしまうというのはやはり個人の問題です。返済できないほどの借金はデメリットしかないということを十分心がけておきましょう。
しかし、万が一返済が難しいほどの借金を作ってしまったのであれば、弁護士事務所などに債務整理の相談に行ってみるとよいでしょう。その結果、何らかの形で返済が続けられるような方法が見つかるかもしれません、また、完全に返済できなくなって自己破産まで行ってしまう前に、民事再生や個人整理などの多少傷が浅い状態で済むこともあるかもしれません。いずれにせよ、できる限り早く相談に行くことが一番大事なことであると言えるのではないでしょうか。
しかし、それらの債務整理を行うと、デメリットも存在します。当然金融機関から借りたお金が返せなくなってしまったわけですから、それ相応のデメリットがないとおかしいわけなのですが、その最たるものが、新たなローンが組めないということです。これは考えてみれば当然のことなのですが、金融機関からの信用は返済できないということはゼロになったに等しいわけですから、新しいローンが一切組めなくなるのです。